奨学金貸付事業について

HOME >  奨学金貸付事業について

求職者、学生の皆様へ

 2011年の東日本大震災で、福島県の中でも太平洋沿岸部の相双地域、いわき市、田村市(以下「相双地域等」という。)では甚大な被害を受けました。震災以降、相双地域等の復旧・復興は少しずつ進んでいますが、今もなお介護保険施設等の介護職員は不足しており十分なサービスを提供できていないのが現状です。
 地域住民が安心して生活できる環境をつくるためには、介護サービスの充実が欠かせません。相双地域等の復興の支えになりたいと思っている方は、ぜひあなたの力を介護の現場で活かしてください。
 福島県社会福祉協議会では、福島県相双地域等の介護保険施設等で介護職員として就職する方に対して、介護職員初任者研修等の研修受講料及び就職準備金(奨学金)を無利子で貸与する事業を行っています。
 なお、奨学金は一定の条件を満たせば返還が免除されます。

奨学金貸付に関するQ&A
職員用の住宅の確保が可能な施設・事業所

奨学金を申請する流れ

ステップ1 就職活動

「福祉人材センター」「ハローワーク」などから、ご自分で希望する施設に応募してください

福祉人材センター ※求職登録・相談もできます
ハローワーク

矢印
ステップ2 面接

面接の日程が決定したら福島県社会福祉協議会にお知らせください

矢印
ステップ3 内定または採用

下記の条件すべてを満たす方が貸付対象となりますので、奨学金の申請をご検討ください

  • 福島県外に居住する方(県外避難等により福島県内に住所を有しながら福島県外に居住している方を含む)
  • 福島県相双地域等の介護保険施設等に介護職として内定または就職が決定している方
    ※正規職員または非正規職員(フルタイム勤務のみ)として採用され就職する方
  • 就労後1年以内に所定の研修を受講する方
    無資格の方は、介護職員初任者研修を受講することが貸付の条件となります。
    ※介護福祉士または介護に関する研修(実務者研修、介護職員初任者研修、介護職員基礎研修、訪問介護員養成研修1級・2級課程など)を修了した方は、所定の研修(1~3日程度)を受講していただくことが貸付の条件となります。

矢印
ステップ4 奨学金の申請

就職した施設等を経由して申請書類を提出してください
(利用希望者個人が直接申請することはできません)

申請できる奨学金の内容

    • 研修受講料・・・・・・15万円以内(実費分)
      ※介護職員初任者研修等を受講する場合に借りることができます
    • 就職準備金・・・・・・30万円 または 50万円
      ※金額により返還免除の要件が変わります
    • 世帯赴任加算等・・・・・以下、AとBのどちらかを選択

  A 扶養家族と一緒に転居する場合   本人12万5千円と家族1名につき5万円
  B 扶養家族と別居し単身で転居する場合   20万円

    • 自動車輸送費用等加算・・以下、AとBのどちらかを選択

  A 所有する自家用自動車を福島県に輸送する場合    輸送費用20万円以内(実費分)
  B 新たに自家用自動車を購入する場合    登録費用20万円以内(実費分)
※登録費用・・・車庫証明費用、自賠責保険料、納車費用、リサイクル費用、下取り費用

矢印
ステップ5 奨学金の決定

福島県社会福祉協議会が申請書類を審査し、貸付の可否を決定します

貸付決定の場合、契約書など必要書類を提出していただきます

矢印
ステップ6 奨学金の送金

本人の口座へ振り込まれます

矢印
ステップ7 奨学金の返還免除申請

下記の条件をクリアすれば、奨学金の返還が免除になります

  • 研修受講料・・・ 2年間の就業により返還免除となります
  • 就職準備金30万円(加算金も含む)・・・1年間の就業により返還免除となります
  • 就職準備金50万円(加算金も含む)・・・2年間の就業により返還免除となります

詳しくはお気軽にお問い合わせください

この事業のお問い合わせ先

社会福祉法人福島県社会福祉協議会 人材研修課
被災地における福祉・介護人材に対する奨学金貸付事業担当

〒960-8141 福島市渡利字七社宮111
電話:024-526-0045 Fax:024-524-3618
E-mail: jinzai@fukushimakenshakyo.or.jp