HOME >  ふくしま福祉サポーターズ >  ふくしま福祉サポーターズ その11

福島県の介護職に就いた皆さんの声をご紹介!!

ふくしま福祉サポーターズ!

11番本日の訪問先 (株)相馬の里 グループホーム
オリーブの家(南相馬市)

印刷版はこちら(PDF:272KB)

おばあさんと笑顔で話す鎌田さんの写真

鎌田 文清さんの写真

福島県浪江町出身
鎌田 文清 かまた ふみきよ さん(38歳)

平成27年1月
南相馬市原町区のグループホーム
オリーブの家に就職

保有資格

ホームヘルパー2級
ガイドヘルパー

30歳を過ぎて介護に転職したのは「お年寄りとの関わりが好きだったから」。穏やかな語り口調で利用者さんの笑顔を引き出すコミュニケーション術は実にお見事です。

問1 福島県の介護職を選んだ理由を教えてください。

 震災の時に私が勤務していた南相馬市の施設は津波の被害を受けました。まだ介護職として働き始めて1年を過ぎたばかりの頃です。お亡くなりになった利用者さんもいらっしゃって、その状況が衝撃的すぎて、しばらくは食事も喉を通らず、何も手につかなくなってしまいました。その後、公的機関の求職者支援制度などを受けながら避難した宮城県岩沼市の老人保健施設で働き始め、知らない土地にもなじむことができたのですが、地元である福島県浜通りの人手不足を耳にして「微力でも役に立ちたい」と思うようになりました。南相馬市の就職説明会に参加したり、福島県社会福祉協議会の制度なども調べて相談しながら新しく出来た今の事業所に就職を決めました。

楽しそうにおばあさんと作業を行う鎌田さんの写真

問2現在の仕事のやりがいや魅力、今後の抱負を教えてください。

 グループホームは、一人ひとりの利用者さんに役割をもってもらって、できることを活かしながら生活しています。認知症があっても見事な包丁さばきを見せてくださる方や、さりげなく気をきかせてカーテンをしめてくださる方がいたり、新鮮な驚きがある毎日が魅力です。そんなふうに無事で平和な1日1日を大切に積み重ねていくことこそが、現在の自分の願いです。少し時間をかけながら、その先に何か目標などが見つかればいいなと思っています。

問3これから福島県の介護職を目指す方にアドバイスを!

 県外に避難された介護職員の方のなかにも、ふるさとに戻ることを検討している方がいるのではないでしょうか。ハローワークや福島県社会福祉協議会、地元の自治体などにも支援制度が設けられていることがありますので、積極的に問い合わせてみることをお勧めします。私自身も、宮城県に避難したときに公的機関の方が親身になって相談に乗ってくださったことで一歩踏み出すことができました。不安な点があれば抱え込まずに、機会をとらえて誰かに話してみるといいと思います。