浪江駅(浪江町)

 浪江駅は、浪江町にあるJRの駅です。
 JR常磐線の駅で、特急ひたちを利用し仙台まで約1時間20分、東京まで約3時間20分で結んでいます。
浪江駅

 東日本大震災後、浪江町は役場機能を二本松市を中心とした町外へ移しましたが、2017年3月31日に帰還困難区域以外の避難指示が解除されたことに伴い浪江町役場本庁舎に戻しました。
 ただ、今も人口の約9割(2022年2月末現在)の方が県内外での避難生活を送っており、住民の帰還に向けて教育施設や商業施設などの整備が今まさに進められています。

ラッキー公園
 浪江町の復興のシンボルである「道の駅なみえ」では、浪江ならではの海鮮や名物なみえ焼きそばなどが食べられるほか、たくさんのお土産が売られています。
 隣には「ラッキー公園」が整備され、ポケットモンスターのラッキーをモチーフとした遊具が話題になっています。

「キラリ☆ふくしまライフ」では、周辺地域の情報を動画で紹介しています。ぜひご覧ください。